スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春って言葉は大人たちの言い訳

こっちは黒焔側のこととかメインで書いていきますね。
地元組も知ってるアメブロより後ろ向きなこととか増えるかもしれません。




だんだんこっちの生活にも慣れてきたんですが(まぁ相変わらず友達はいない・・・少ない?んですが)、未だに早稲田に受かってたらどうだったんだろう、って思います。


親には「震災もあったし、阪大のが逆によかったよ。国公立だし、家決めに行くのも影響少なかったし」って言われるし、高校としてもたぶんこっちに受かったほうが喜ばしかったんだと思うんだけど、去年の自分の情けなさがあるから阪大でよかったね、すごいね、って言われても納得できない自分がいるんです。


正直に言うと、受かったときは「俺すげええええええええええええ」って思いましたよ、そりゃ。
受かると思ってなかった大学ですし、社会評価もそこそこだと思います、文系外語とはいえ。


でも、自分としてはまったく。
いざ入ってみると、来てよかったな、って思えるわけじゃないんですよね。


第一志望で早稲田を目指すってあれだけ宣言していたのに正月に息抜きでサッカーしたりしてた自分がいて、そんな自分でも受かる大学に来てるんだってことが悔しい。
サッカーしたことを後悔してるんじゃないけど、サッカーをしたり遊んだりしても早稲田に受かる実力をつけられなかった自分が悔しい。
そんな自分に妥協してる自分が悔しい。


中途半端に自分の自尊心が満たされる大学に受かってしまったから、もうそれだけで満足している自分が絶対どこかにいる。
こういう風になるならいっそ阪大にも落ちたほうがよかったのかな、って思うレベルで今の自分がやだ。


去年の今頃、早稲田めざします、阪大狙いますって二者面談で担任に言ったときに「両方相当厳しいですよ」って言われた悔しさをバネに勉強してたのに、途中でそれが緩んでしまった自分。
そしてそれでも受かるレベルの大学に来ている自分。
それが高校時代の自分の出した結果。


じゃあ大学では、ってなったときに、前述したみたいにある程度満足しているからまた緩んでいるんですよね。
東京の出版社?地元で公務員、教員?大学院?
そこに行くのに今のままでいいのか、って言われたら絶対よくないですよね。
ただ、だからといってそこを目指すだけに大学生活を費やすのも違って。


やることはやる、でも楽しむ。
そして結果を出す。
これが大学生活の目標。


東大落ちて九大に行ってる友人が未練たらたらって言ってて、東大組に負けないように勉強して東大の院めざそうって言ってたけど、彼みたいになりたい。
ていうかその人に勉強教えてもらってたしね、一年のころとか。


自分もやることやって楽しんで結果を出して、四年後。
満足して進める道に。
教員採用試験も公務員試験もメディア(出版)系の就職も進学も全部厳しい道。
でも、やりたいことは大体決まってきてるんだから、どんな風にでもなれるようにやれることはやるしかない。


正直、ブレチルにかかわる前の歩みたいな人間になって一人でも強い意志を持って勉強してやる、って思ってたけどそれができない自分はまだやっぱり弱いんだと思う。
でも、だからこそ強くなれるんですよね。
今が弱いから強くなる見込みがある。
他の人より時間はかかるかもしれないし、失敗も多いと思うけど、絶対に強くなって、成長して。


っていう決意表明みたいなものです。
早稲田に落ちてよかった、って思える大学生活にする。
人生で誇れる将来を作るために。
地元でも出版でも茨の道だからなぁ・・・。


去年の早稲田宣言とは違うけど、この二つを目指して大学生活はがんばります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。